糸を画材に、布をキャンバスに、ひと針ひと針図案を描き出す「刺繍」を一度はやってみたいと憧れている人も多いのではないでしょうか? 矢崎順子さんは、そんな大人女子の願いを叶えてくれる刺繍CAFE「artist in」を主宰。初心者でも気軽に、作ることを楽しんで手を動かすことのできるワークショップを開催してくれます。刺繍、レースなどの定番ワークショップのほか、テキスタイルのような愛らしいデザインのお茶・KIRIN moogyとコラボレーションした企画もお楽しみに。

【出展者紹介】artist in

artist in 矢崎順子さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

刺繍CAFE、レースCAFEなど、様々なカフェを会場に手仕事のワークショップを開催しています。居心地のよいカフェで、色とりどりの糸やお菓子、すてきなイラストなど、大好きなものを集めて過ごす時間は、どんなに楽しいことだろうと2005年に刺繍CAFEをスタートしました。今では、自由に表現することの楽しさを伝えたいという思いで活動しています。

02 作品の見どころを教えて下さい

今回の布博では、手紙舎troisで定期開催している定番の刺繍CAFE、レースCAFEにくわえて、KIRIN moogyとコラボレーションしたワークショップを開催します。moogyというお茶のパッケージに使われた様々な模様の布を材料に、かわいくて簡単な手縫いのポーチを作ります。どれも、手づくり初心者向けのワークショップなので、気軽に参加して頂けると嬉しいです。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

いつも他の会場で行うワークショップと同じセッティングですが、刺繍糸の色の美しさやはさみや刺繍枠などお道具の愛らしさを感じてもらいたいです。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

いつもは閉じられた空間で行っているワークショップですが、参加されない方でも、通りがった時には様子をのぞいて、ワークショップの雰囲気、楽しさをぜひ目撃してくださいね。

artist in

https://www.facebook.com/shishucafe/