さりげなく存在感のあるボタンをお探しなら、Atelier Linkさんのブースを覗いてみてはいかが? 薄手のシャツにぴったりな軽量のものから、ブローチとしても使える存在感のあるものまで、かたちも大きさも豊富に取り揃えています。土の温もり溢れるボタンの世界を、どうぞ堪能してください。

【出展者紹介】陶ボタン工房・Atelier Link

【陶ボタン工房・Atelier Link・若山隆良さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

陶ボタン工房・Atelier Linkと申します。東京郊外のマンションで陶ボタンを制作しています。Atelier Linkの陶ボタンは、ボタン自体が主張するより、ボタンをつけることで洋服の個性が引き立たつことを目指しています。また、洋服によって陶ボタンに新しい味わいが醸し出されることもあります。

 

「陶器のボタン」というと「割れやすい」のではと心配される方もいらっしゃると思いますが、Atelier Linkの陶ボタンは2000~2500℃の高温でしっかりと焼成してありますので、洗濯機での洗濯にも十分耐えられる強度があります。安心して、洋裁や手芸の素材としてご使用ください。

02 作品の見どころを教えて下さい

中心となるボタンは、”Link Line”と呼んでいる定番のボタンで50種類ほどの色があります。各色、8.5mm~23mmの間でサイズ展開しています。また、それ以上の大きなサイズのボタンは一点もので、様々な種類があり、「布博限定」で展示させていただきます。さらに、陶ボタンを使用した小物やアクセサリーも展示します。

 

陶ボタンは土からできたものですので、リネンやコットン、ウールなど自然素材と馴染みやすいと思います。着なれた洋服に付け替えてみたり、小物のワンポイントとしたり、アクセサリーにアレンジしたりなど、作り手の方々がそれぞれの感性で楽しんで使っていただければ、と願っております。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

前回よりもさらにバリエーションを増した陶ボタンのラインアップをご覧いただきたいと思います。沢山のボタンととともに、夏らしくさわやかなお花でみなさまをお出迎えしたいと思っています。

 

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

初めて陶ボタンをご覧になるお客様も多いと思います。 ぜひ小さくてかわいいボタンを実際手にとってご覧いただきたいと思っております。Atelier Linkの展示ブースにお越し下さい。お待ちしております。

 

陶ボタン工房・Atelier Link