大分県で陶磁器のブローチを制作しているAtelier Tone。「心がふっと緩むような、優しい音楽のような作品を」という思いの込められたブローチは、季節の花や植物など自然のモチーフを土で丁寧に造形し、釉薬で細かな色の変化まで表現した作品です。陶磁器ならではのぽってりとした丸みのある滑らかな形と、釉薬の艶やかな手触りの作品は、身につけると心が穏やかに、そして軽やかな気持ちになります。ぜひ会場でAtelier Toneのブローチを手のひらに乗せてみてください。きっと、一緒にお出かけするのが楽しみになるはずです。

【ブローチ博・出品者紹介】Atelier Tone

【Atelier Tone 下川陽子 さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

Atelier Tone 下川陽子 です。 九州の大分で、陶磁器のブローチなどを制作しています。

02 作品の見どころを教えて下さい

季節の花や実などの植物や、鳥やねこなどの動物・・・自然のモチーフを身に着けて楽しめるように、カタチにしました。 それぞれひとつひとつ、陶磁器で表現できる色や質感などにもこだわってつくっています。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

素朴な土が奏でる音色が、お届けできますように。 心が ふっと緩むような、優しい音楽のような作品であるといいなぁと思っています。

Atelier Tone

http://instagram.com/ateliertone