動物たちの毛並みや瞳の色、玉虫色のグラデーションを纏った蝶など、緻密に描写された生き物たちは、写真だと思い込んでしまっても無理はありません。古川ひろみさんは、プラバンにアクリル絵の具を使って写実画のようなブローチをつくる作家。本物そっくりの蝶やてんとう虫は、身につけると、洋服の上で羽を休めているかのように見えますよ。

【ブローチ博・出品者紹介】古川ひろみ

【古川ひろみさんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

高知県より出品させていただきます、クラフト作家の古川ひろみ(フルカワヒロミ)と申します。「アートを身につける贅沢」というコンセプトのもと手書きの絵をブローチなどに仕立てています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

プラバンにアクリル絵の具でひとつひとつ緻密に書き込んだ絵を、是非手にとってじっくりとご覧になって下さい。私の作品は小さな額縁とセットになっておりますので、ただのアクセサリーとしてだけでなく、お部屋の小さなインテリア、アート作品としても楽しんでいただけると思います。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

普段はWebショップのオーダー制作をメインに活動しておりますので、商品を実際に手にとってご覧頂ける期会はなかなかございません。素敵な御縁に出会えれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!!

古川ひろみ

http://zakka.swanfee.com/

https://swanfee.stores.jp/