【ブローチ博・出品者紹介】うるしぬりたしろ

お椀やお重など、和食器のイメージの強い「うるし」を使って、シンプルでモダンな抽象画のようにブローチを作り出す、うるしぬりたしろさん。艶やかな漆黒、こっくりと深みのある朱赤、マットで上品な輝きのゴールドなど、うるしならではの色と質感に惚れぼれします。食器だけではない、新しいうるしの魅力にふれてみてください。

【うるしぬりたしろ・田代淳さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

岩手をベースにお椀やお箸を作ったり、壊れた陶磁器を漆で直す金継ぎなど、漆の仕事をしています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

塗りのブローチはお椀、わんこそば、お団子をモチーフにしています。漆のふっくらした質感はエッジの部分に出ると思うので、サイドまで塗ってあります。そこを見て欲しいです。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

漆のブローチは木で出来ていて、とても軽く、夏の薄い服地でも垂れること無く着けて頂けます。ぜひお手に取ってご覧下さい。

うるしぬりたしろ

http://jun-tashi.jugem.jp/