何度も塗り重ねた色の重なりと不思議なツヤ感に「これは何でできているだろう?」と見つめずにはいられない、溝渕美穂さんのブローチ。厚紙に色を塗り重ね、うるしを含む樹脂でコーティングするという独自の手法で作られる作品たちは、一枚の絵画から切り取られてきたかのような奥行きがあります。夏らしく、緑の作品を中心にさまざまなブローチが並ぶという今回、自分だけの緑色に出合ってみてください。

【ブローチ博・出品者紹介】溝渕美穂

溝渕美穂さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

イラストレーター/画家 として絵を描くことを中心に、マイペースで気ままに作家活動をしています。主に名古屋や東京での、個展、グループ展、イベントにて作品発表。”身につける絵”という視点でブローチを制作しています。名古屋在住。

02 作品の見どころを教えて下さい

心にふとコロがったカケラ、カタチをブローチにしています。厚紙を使ったベースに色を塗り重ねてゆき、様々な色の重なりで作る風合いを、うるしの成分を含むアメ色の樹脂で閉じ込めました。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

夏は”みどり”を中心としたカラーでお届けいたします。普段の装いに、気軽に、小さなお洒落を楽しんでいただけたらと思います。

溝渕美穂

http://blog.livedoor.jp/mizo_bu/