【ブローチ博・出品者紹介】松本美弥子

一見すると鉄やシルバーにも見える質感のブローチの正体は、磁器。松本美弥子さんの作品は、抽象画のようなモチーフに焼いた磁器に、銀彩や燻したような色を施すことで、クールでシックな表情を引き出しています。水泡や点描など、ブローチに描かれた模様に宿る、有機的な生命力も魅力。小さな不思議な生物のような、独特の存在感を感じてみてください。

【松本美弥子さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

磁器の制作をしています。白磁や銀や銅を焼きつける仕事を中心にうつわやブローチなど身に纏うものをつくっています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

銀彩によるブローチには経年変化、時間とともに緩やかに変化していく、という特徴があります。手にとる頻度、その方の住まう環境などにより一つづつ表情は違ってきます。使い手の暮らしに馴染み身近な道具となりますように。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

第2週の「織りと刺繍と手芸の週末」に参加させていただきます。テーマを意識した新作も並べたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

松本美弥子

http://www.jacinthe.jp