【ブローチ博・出品者紹介】Elävä kukka

祖母のドレッサーの引き出しをそっと開いたような、ノスタルジックな雰囲気をまとったElävä kukkaのアクセサリーたち。光沢のある糸やリボン、刺繍で形作られたモチーフは、どこか遠い国の手刺繍のような趣きを感じさせます。少女のころの憧れを思い出しながら、お気に入りを探してみてください。

【Elävä kukka・すぎはらあんりさんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

Elävä kukkaは、フィンランド語で、Elävä は“暮らしや生活”、kukkaは“花”という意味です。暮らしの中で花をそっと飾るように、暮らしの中に寄り添うように。手に取ってくれた方の日常に“うれしい”とか“楽しい”、“わくわく”や“どきどき”。そういったきらきらした瞬間を届けられますように。そんな願いを込めて作品を制作をしています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

一針一針心を込めて、Elävä kukkaらしい色とりどりの作品をご用意したいと思います。

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

たくさんの色や素材に触れながら、ぜひお気に入りを見つけに遊びにいらしてください。

Elävä kukka

http://elava-kukka.petit.cc/