織物の産地・山梨県富士吉田地方で、シルクやリネンなどの天然素材を使って職人が丁寧に織り上げる織物ブランド「HADACHU ORIMONO」。昭和10年創業の歴史と確かな技術で、糸や織りの風合いが味わい深い生地で小物を作っています。プリントではなく、織りで表現されたストライプやチェックの美しさはうっとりするほど。ベーシックながら、色使いや素材感にちょっと差がつく織りのアイテムを見つけてみてください。

【出展者紹介】HADACHU ORIMONO

【HADACHU ORIMONOさんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

羽田忠織物は、産地が活気のある町になることや、減少している産地の技術を次世代に継承するため、新たな方向性を模索しながら三代目・羽田正二がデザインしたオリジナル商品の製作を行っています。シルクを中心に天然繊維を使用し、企画から製織までを自社で一貫して行います。身につけたら思わず出かけたくなるような「格好良くて、どこか可愛い」ものを心を込めてつくります。また、「紗(しゃ)織り」という、特殊な織物で作ったネクタイやストールも是非ご覧ください。

02 作品の見どころを教えて下さい

ネクタイをはじめ、ストールやポーチなどを出品する予定です。お客さまに楽しんで頂けるよう、「格好良くて、可愛い」ディスプレイでお迎えします。 

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

ネクタイをはじめ、ストールやポーチなどを出品する予定です。お客さまに楽しんで頂けるよう、「格好良くて、可愛い」ディスプレイでお迎えします。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

山梨県富士吉田の織物を、たくさんの方に知っていただけたら嬉しいです。皆様にお会いできるを楽しみにしております! どうぞよろしくお願いいたします。

HADACHU ORIMONO

〒403-0001 山梨県富士吉田市上暮地3-7-26

tel. 0555-22-4584

http://hadachuorimono.jp/