日本画を学んだ背景を持つmatsuo ikukoさんのアクセサリーは、岩絵の具で着色されています。奥深く、かつ鮮やかな色合いの作品は「彼女にしか作れないアクセサリー」なのです。ポップでいて不思議なちぐはぐさのあるブローチを、どうぞご覧ください。

【ブローチ博・出品者紹介】matsuo ikuko

【matsuo ikukoさんに聞きました】
 

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

こんにちは。matsuo ikukoです。京都で日本画を学び、現在、東京・大阪の二拠点で活動しています。岩絵の具をはじめ、様々な素材を活かしたジュエリーと絵を制作しています。また、大阪 箕面にてatelier LOGHOUSE アトリエ・ログハウスを運営しています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

今回は 2種類の"フルーツ" 盛り合わせです。「カラフル・フルーツ」フルーツジュエリーという可愛い世界があったら、きっとこんな感じじゃないかと想像しながら、リアリティーを追求しました。

&「ブルー・フルーツ」食べ物の世界でなかなか青色はありません。そんな青色とフルーツが出会いました。青色の部分は天然アズライト石。昔の絵の具のように精製し過ぎず岩絵の具にした、修復にも使われる「群青」を使用しています。違和感と異質感をポップに楽しんでもらえるシリーズをお持ちします!

03 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

大人になりきれ ない子どもの感性が大人には必ず残っています。わがままだったり無邪気だったり知識に左右されないそんな気持ちを大切に制作しています。大人に似合う子どもらしいジュエリーを。ぜひ、お楽しみ下さい。

matsuo ikuko

https://www.instagram.com/matsuoikuko/