刺繍の世界の新たな扉を開いてくれるokada marikoさんの作品。わずかな色の違いの糸を使って施されるグラデーションワークは、「美しい」のひとこと。刺繍する事を“感情のチクセキ、キロクの物質化”と捉える彼女の提案をぜひご覧下さい。

【出展者紹介】okada mariko

okada marikoさんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

絵画を描くように、キャンバスに刺繍を施し作品をつくっているokada marikoです。普段はギャラリーなどでアーティストとして活動をしています。

02 作品の見どころを教えて下さい

一針一針、手で想いを込めて作っています。色とりどりの糸やモチーフは同じものは一つもありません。キオクや感情のカケラ、自分の心に残るようなお気に入りを見つけて頂ければ嬉しいです。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?町田の会場で参加するのは初めてとなります。試行錯誤中ですが、気軽に手に取っていただけるようなディスプレイにしたいです。キャンバス作品のほか、グッズも用意してお待ちしております。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

春に引き続き布博に出展させて頂くことになりました。また沢山の方と直接お逢いできるのが楽しみです。作品について聞きたい事があればお気軽にお声がけ下さい。はじめての方にも手にとって頂けたら嬉しいです。

okada mariko

http://okadamariko.jimdo.com