麻糸の手触りや織り柄が目にも楽しいランチョンマットや、植物染めのストール。RIRI TEXTILEの織りなすテキスタイルは、素材の魅力がまっすぐに伝わり、きっと誰もが懐かしく感じるはずです。

【出展者紹介】RIRI TEXTILE

【RIRI TEXTILEさんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

はじめまして、RIRI TEXTILEと申します。染めたり織ったりミシンを踏んだり、糸や布にまつわるものづくりをしています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

糸や布・染料は自然のものを使い、草木染めと手織りで作品をつくっています。アイテムや素材のイメージに合わせて素材や技法を選びながら、染め・織り・縫製までひとつずつ手仕事で仕立てています。草木染めの色や手織りの布は、ちょっとした光の加減や陰影の強さなどで、テクスチャーやニュアンスが変わって見えたりするのですが、そのゆらぎのような部分がとても美しくておもしろいなあと思っています。そういう部分を直接お手に取って感じていただきたいです。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

ストールやバッグなど身につけるもの、キッチンクロスやコースターなど家の中で使うものをお持ちしたいと思っています。糸や布をどのように染め、織っているのか、それを少しでも知っていただけたらということで、糸や染料の見本、織りの道具の一部なども一緒に展示したいとおもっています。工程を知っていただくことで、よりたくさんの布の魅力や選ぶたのしさを感じていただけたら嬉しいです。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

布博はたくさんの布好きの方がいらっしゃるイベントだと思います。わたしもそんな布好きの一人として、作品を通していろんな方とお話しできたら嬉しいです!  どんな出会いがあるのかわくわくしながら、みなさまのご来場をお待ちしています。

RIRI TEXTILE

http://riritextile.wix.com/riri-textile