【出展者紹介】salvia

グラフィックデザイナー・セキユリヲさんが衣食住の中で「こんなものあったらいいな」と感じるものをかたちにしていく活動体・salvia。オリジナルの雑貨や書籍をつくる一方、最近では「古きよきをあたしく」をコンセプトに、昔から伝わる技術を用い、オリジナルテキスタイルやくつ下などを作っています。職人と二人三脚で作り上げた商品の数々をどうぞご覧ください。

salvia 篠田由梨子さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

東京の東側、隅田川沿いの蔵前にアトリエを構えています。やわらかくあたたかな図案と、日本の職人や工房による、すぐれた技術を合わせたものづくりする活動体です。日本全国をまわり、ものづくりの現場をたずね、それができるまでを紹介する『季刊サルビア』も発行しています。日本のものづくりや手仕事のよさを伝え、いまの暮らしによりそうものづくり・ことづくりを提案していきたいと思っています。

02 作品(商品)の見どころを教えて下さい

今回はサルビアでは初となるテキスタイルを使ったお洋服の展示販売を、布博限定アイテムとして販売予定です。また、普段は日本国内での生産を大切にしていますが、番外編としてインドでブロックプリントのハンカチーフも制作しました。定番のくつしたも沢山揃えたいと思っていますのでぜひお気に入りのスカートにぴったりのアイテムを見つけに来てください。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

夏らしいテキスタイルやハンカチーフを使ってディスプレイし、みなさまに楽しんで頂けたらと思っています。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

布博には毎回参加していますが、お洋服の販売やインドのブロックプリントハンカチなど、サルビアにとっては、初めてづくしの布博参加になりそうです。「スカートに恋する週末」という素敵なテーマを頂いたので、テーマにぴったりのアイテムをご用意して、みなさまをお出迎えしたいと思います。みなさまと会場でお会いできること、楽しみにしています。

salvia

〒111-0043 東京都台東区駒形2-1-8 楠ビル302

http://salvia.jp