普段は美術書をメインに扱う古書店「やすだ書店」が、京都の友禅染めの老舗が所蔵していた色とりどりの絹糸を持って、布博にやってきます。布博の期間限定の出店となる今回は、その名も「やすだ書店糸部」。日本の古式ゆかしい色彩の絹糸に、織りや手芸にまつわる古書が並び、知的好奇心をくすぐってくれそうです。

【出展者紹介】やすだ書店糸部

【やすだ書店糸部さんに聞きました】

01ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします。

東京で古書籍業を営むやすだ書店です。普段は主に美術書を扱っております。

02 作品の見どころを教えて下さい

京都の老舗友禅染め会社旧蔵の絹糸です。日本ならではの深みのある色合いと豊富な色を是非ご覧ください。

03 会場ではどのようなディスプレイでお客さまを迎えてくださいますか?

糸以外にも「織りと手芸の週末」のテーマに関連した本をセレクトし、展示販売したいと思っております。

04 最後に、会場にお越しになるみなさまへ一言メッセージをお願いします!

古本屋は本だけを扱うとは限りません。3日間限定のやすだ書店糸部をお楽しみください。

やすだ書店

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町5-16-14-108

tel. 042-313-8099